未分類

未分類私が夢みた、家庭の在り方。
50年 前

私が夢みた、家庭の在り方。

子どもを出産し、ワンオペ育児が始まりました。その頃丁度、シェアハウスの運営を始めたのです。
シェアハウスの認識は無かったのですが、色んな本を読み実際に生活している人に触れ、家族で住めるシェアハウスがあったらいいなと思う事が多々ありました。
そして、実際に主人にも話した事がありました。主人は他の男女が同じ家に居るのはくつろげないと言う理由で却下でした。
その様な場がある事も知らないのですが、やはり男性は小さくても自分の城的な所で生活したいんだなと思いました。まぁ、私の買った家ですが…。
数年経ち、子供が二人になり、それなりに子どもがいる事にも慣れました。上手に息に抜き方も調整する事が出来るようになりました。
そんな時にPOP LIFEと言う漫画を読みました。シンママ二組の家族が一緒に住むのです。二人共お酒が好きで、子供の年齢も大きく離れている事もあるので、上手に関係を形成しています。(漫画ですが。)相手の子の事を我が子の様に心配し、仕事をあまりしていない事もあって、代わりに迎えに行ったり、病院に行ったりしてくれているのです。
旦那ですらそんな事はしてくれません。今の時代、女、男共に働きに出ていて、本気で家の事をしてくれる存在が欲しいと思います。

 

>>ワンオペ育児の先にあるアグメントパンツの口コミ

hammer1421 Administrator

コメントする