未分類

未分類ネットの人間関係
49年 前

ネットの人間関係

ネットの人間関係は楽でもある。
ゲームや生放送、動画、Twitterなどからオフ会に行く人もいれば、ネットの中だけで会う人もいるだろう。
同じ趣味の所に集まるからこそ比較的すぐ仲良くはなれる。
しかし、共通のものが少ないからこそ共通のものがなくなれば自然と繋がりは切れることのほうが圧倒的に多い。
まぁ、長く付き合えば付き合うほどお互いが見えてくる・・・というわけでもない。
ネットだから、リアルの自分と分けて過ごしたい人もいる。
だからこそ、深く付き合うことはほとんどない。
一部の人間は詳しく聞いてくる人もいるのは事実だ。
だが、長く一緒に遊んだり話したりして沢山の時間を過ごしたからこそ気をつけなければならないことがある。
それは相手への「思い込み」だ。
「この人ならこうだろう」とか「あの人ならわかるはず!」など、相手に期待をしてしまう人間もいる。
リアルの人間関係にも言えることだろう。
ネットの場合は特定の面しか見てなく、長く一緒にいた相手への固定観念はひどくこびりついている。
そのイメージが崩れたとき、以前の関係に戻ることは難しいと思う。
そこで以前より繋がりが強固になるかそこで終わるかはその人次第だ。
以前ネットの人間関係で色々あったので、その時得た教訓の一つと考えている。

hammer1421 Administrator

コメントする